Profile

人々の生活を支えることは、デザインの根本的な役割の一つです。

高度に発達した資本経済では薄利多売の商品やファストファッションが流行し、社会的格差も広がりデザインの価値判断が困難な状況です。私たちはいま、人口、資源が減少し今までの近代社会とは違う価値をつくりださなければならない時代と向き合っています。

何気ない地域の物産や伝統、美しい風景、都心の知られざる街の魅力など、誰にでも開かれたデザインの資源を見つけ、その資源を活かした「イロイロな楽しい出来事」をつくることを目指し、建築を手掛かりに「もの」「こと」を横断的に考えていきます。

 

 

吉岡 寛之 プロフィール

 

[経歴] 

1976年 東京都大田区蒲田生まれ 

1999年 日本大学理工学部建築学科卒業 

2001年 日本大学理工学研究科建築学専攻修了 

2001年~2007年 みかんぐみ 

2007年~2012年 計画・設計工房 

2007年~ 吉岡寛之個人での活動を開始 

2011年~ iroirotoridoriを浜田充と共同主宰 

2011年〜 伊東建築塾 塾生 

2012年〜2013年 CCA北九州リサーチプログラムメンバー

2012年~ 一級建築士事務所イロイロトリドリ代表

2014年〜 イロイロトリドリ代表・北仲34共同代表

2014年 ICSカレッジオブアーツ非常勤講師

2014年〜 伊東建築塾 講師

2014年〜 神奈川大学工学部建築学科 都市・デザイン研究室 助教

 

[受賞歴]

2000年 うつくしま未来博『エコファミリーハウス国際設計コンペティション』最優秀賞

      (山寺美和子・飯山千里・黒川泰孝・立川博之と共同設計) 

2001年 日本大学理工学部理工学研究科 駿建賞

      修士設計『新宿現代美術館 -芸術支援育成活動を核としたアートセンターの設計-』 

2001年 日本大学理工学部理工学研究科 学術・文化部門 総長賞

      うつくしま未来博『エコファミリーハウス国際設計コンペティション』最優秀受賞による

2009年 高台の家 グッドデザイン賞(飯山千里と共同設計) 

2011年 木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ 優秀賞(浜田充と共同設計)

2011年 村山市総合文化複合施設 甑葉プラザ グッドデザイン賞(計画・設計工房 担当) 

2011年 村山市総合文化複合施設 甑葉プラザ 東北建築賞(計画・設計工房 担当) 

2011年 村山市総合文化複合施設 甑葉プラザ 全建賞・山建賞(計画・設計工房 担当) 

2011年 宮田村未満児棟保育園プロポーザル 最優秀賞(暮らしと建築社と共同設計)

 

[著書]

2001年 「団地再生計画/みかんぐみのリノベーションカタログ」INAX出版 共著

 

[業務履歴]  

2009年 個人住宅(87m2)『高台の家』(飯山千里と共同設計) 

2010年 商業店舗(67m2)『緑が丘の美容室』 

2010年 コンペ『木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ』(浜田充と共同設計) 

2010年 コンペ『前橋市美術館プロポーザルコンペ』(浜田充、飯山千里、藤本常夫と共同設計) 

2011年 伊東建築塾(釜石商店街のみんなの家の設計に参加) 

2011年 公共施設(1030m2)『宮田村の保育園』(iroirotoridoriにて暮らし建築社と共同設計) 

2012年 店舗改修(300m2)『勝沼のワイナリー』 

2012年 伊東建築塾

2012年 住宅改修(28m2)『小黒坂の座敷』 

2012年 個人住宅(150m2)『武蔵小金井の家』 

2012年 展示(36m2)『Are Aid Design Project 展示ブース』 

2013年 個人住宅(89m2)『富津岬の家』 

2015年 商業店舗(150m2)『合羽橋のショールーム』 (北仲34プロジェクト)

2015年 コンバージョン(1200m2)『コイシカワコロン』 (北仲34プロジェクト)

2015年 改修(50m2)『元町のオフィス』(長谷川明、丸山美紀と共同設計)

2015年 コンバージョン(440m2)『(仮称)新モノ:ファクトリー』

2015年 個人住宅(89m2)『本郷の家』 (佐藤慎也と共同設計)

 

※以下、計画・設計工房在籍時の担当プロジェクト 

2010年 公共施設(4453m2)『村山市総合文化複合施設 甑葉プラザ』 

2010年 公共施設(658m2)『山形大学工学部創立100周年記念会館』 

 

※以下、みかんぐみ在籍時の主な担当プロジェクト 

2002年 商業店舗(740m2)『パルコブックセンター渋谷店』 

2003年 個人住宅(81m2)『上原の家』(東京建築士会 住宅建築賞 奨励賞) 

2003年 公共施設(3492m2)『仙台西中田市営住宅全面的改善事業計画』 

2004年 美術制作『森美術館「六本木クロッシング」』展 

2005年 会場構成『ベネッセスクエア「教育へのヴィジョン」』展 

2005年 公共施設(3337m2)『日本国際博覧会「愛地球博」フランス館』 

2005年 公共施設(4672m2)『伊那東小学校』

吉岡 寛之 Hiroyuki Yoshioka

建築家 / iroirotoridori 代表

一級建築士 国土交通大臣登録 第335564号

 

1976年、東京・蒲田に生まれる。日本大学理工学部建築学科を卒業後、みかんぐみに6年間勤め主にアート・公共関係の仕事のチーフを担う。その後、大学時代の恩師高宮眞介氏に再び師事し計画・設計工房を経て、2011年独立。既成のジャンルにとらわれず、社会のボトムアップとなる仕事を心がけている。趣味は街角観察と美術を観ること。

 

撮影:高橋マナミ

Please reload